NHK杯 浅田2年ぶり優勝 GPファイナル進出 


c0152507_23484657.jpg

女子シングルで日本勢が表彰台を独占。
優勝した浅田真央(中央)、2位の鈴木明子(左)、3位の中野友加里


 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は第2日の29日、東京・代々木第1体育館で女子のフリーがあり、ショートプログラム(SP)首位の浅田真央が計191.13点で2年ぶり2回目の優勝を果たした。今季GP初勝利を挙げ、GP通算6勝目で自身の持つ日本選手最多勝利記録を更新。SP4位の鈴木明子が2位、SP5位の中野友加里が3位に入り、2年ぶりで日本勢が表彰台を独占した。

【写真特集】GPファイナルへ、浅田真央会心の演技、中野友加里も

 GPファイナル(12月12~13日、韓国・高陽)には浅田真、中野、安藤美姫(トヨタ自動車)の進出が決まり、村主章枝(avex)は進めなかった。SP8位の長洲未来(米国)は8位。アイスダンスはオリジナルダンス(OD)まで8位のキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)が計135.83点で8位。ODまで首位のフェデリカ・ファイエラ、マッシモ・スカリ組(イタリア)が計176.67点で初優勝した。ペアのフリーはSP首位の■清、▲健組(中国)が計186.06点で初制覇し、SP2位の井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組(米国)組は2位。


 ◇女子のGPファイナル進出者確定

 フィギュアスケートGPファイナルの進出者(各種目6人・組)が29日、男子を除く3種目で確定した。女子は(1)金妍児(キム・ヨナ)=韓国=(2)ジョアニー・ロシェット(カナダ)(3)浅田真央(4)カロリナ・コストナー(イタリア)(5)中野友加里(6)安藤美姫の6選手(丸囲み数字は総合順位)

 ▽安藤美姫 先に2試合が終わり、待っている時間が長かったけれど、GPファイナルに行けることが決まってうれしい。応援してくれる方々のためにも、韓国(でのGPファイナル)では、パワフルで自分らしい演技が100%できるように頑張ります。

 ○…中野がグランプリ(GP)ファイナルへの切符をもぎ取った。4位なら出場権を逃していただけに「うれしい」と、ホッとした様子で笑顔を見せた。今大会は右足首とこ関節に故障を抱えながらの出場で、前日のSPではミスを連発して5位。フリーでは、冒頭の3回転半ジャンプを2回転半に変更するなど、安全策をとった。後半の3回転フリップが回転不足と判定されたものの、それ以外はほぼミスなく滑りきり、演技終了後は涙を流した。GPファイナルに向けては早くも意欲満々で「3回転半、3回転-3回転にチャレンジするいい場所。治療をしつつ、このままいきたい」。

 ○…23歳でGPシリーズ初出場の鈴木が2位と大健闘。「ビックリしている。信じられない」と繰り返した。二つの連続ジャンプをミスし、中盤の3回転ルッツでも着氷が乱れたが「攻めていこうと決めていたので、切り替えられた」。その後はキレのいいステップと、思い切りのいいジャンプで波に乗り、「お客さんの手拍子のリズムが速いな」と感じる余裕さえあったという。東北福祉大在籍時の5シーズン前に、鈴木は摂食障害で体重が15キロも減り、フィギュアから一度離れた。それでも、スケートを目標に立ち直った。そんな鈴木の活躍を、同じ愛知県出身の浅田真と中野も「いい刺激になります」と祝福した。

 ○…ペアで井上、ボルドウィン組がペア2位に食い込んだ。冒頭の3回転トーループでボルドウィンが転倒したが、その後はぴったりそろったスピンや正確なリフトで点数を稼いだ。井上は32歳、ボルドウィンは35歳。今季は引退を考え「髪を切って犬も飼い始めたのに、ジョンが8月に『GPシリーズに出たい』と言い始めた」と井上。準備不足で臨んだ10月末のスケートアメリカは5位だったが、今回は演技をまとめ上げた。井上は「やると決めた以上、しっかりやりたい」。ベテラン2人の挑戦はまだまだ続く

c0152507_23504857.jpg

【フィギュアNHK杯】女子シングルで優勝した浅田真央のフリー演技
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/10234954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2008-11-30 23:51 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ


by madame-f
プロフィールを見る