世界選手権 金妍児、女子初の200点台で優勝!

054.gif残念 真央ちゃん 逆転ならず007.gif
美姫ちゃんは意地で銅メダルを獲得ですね038.gif


c0152507_20311571.jpg
表彰式の(左から)銀のジョアニー・ロシェット、金の金妍児、銅の安藤美姫

フィギュアスケートの世界選手権第4日が28日(日本時間29日)、米国・ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われ、自身が持つSP世界歴代最高得点を更新した金妍児(18)=韓国、キム・ヨナ=がフリーでもほぼ完璧なスケーティングを見せトップとなり、合計207.71点で女子では初めての200点台をとり初優勝を飾った。

【写真で見る】ヨナ、真央、美姫、村主…女たちの氷上バトル

 女子の浅田真央(18)=愛知・中京大中京高=は序盤のトリプルアクセルでの転倒が響き、得点が伸びず122.03点で、SP(ショートプログラム)との合計188.09点で4位に終わり、表彰台を逃した。

 SPで今季の国際大会では自己最高の64.12点を出し、4位につけた安藤美姫(21)=トヨタ自動車=はフリーのシーズンベストとなる126.26点を出し合計190.38点で浅田を抜き3位と健闘した。2位はジョアニー・ロシェット(23)=カナダ=、SP9位の村主章枝(28)=AK=は目立ったミスはなかったもののジャンプの回転不足など細かなミスが響き合計164.58点で8位だった。

 浅田が表彰台を逃したものの、日本女子は上位2選手の順位合計が「13」以内となり、来年2月のバンクーバー冬季五輪の出場枠3を確保した。


c0152507_2026099.jpg

4位に終わった浅田真央


【関連記事】
真央「ロスの奇跡」起こす!ライバルと10.06差
攻める気持ち薄く…連覇厳しい浅田真央
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/11209006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2009-03-29 20:33 | スポーツ | Trackback | Comments(0)