フレンチ・カンパーニュで中世巡礼の旅


フランスの最西端に位置するブルターニュ地方は、地理的な条件により昔からイギリス文化の影響を強く受けている地方です。今でも中世の名残が残る街や村が現存し、ゆったりとした時間が流れていて、当時の雰囲気を肌で感じることができます。パリからTGVに乗って2時間で行ける中世の田舎で、穏やかで心優しいと評判のブルトン(ブルターニュ人)に混じり、16世紀にタイムトリップしてみましょう。

ブルターニュ地方の玄関口、レンヌ

c0152507_12225893.jpg
パリから2時間で行けるフランスの田舎

ブルターニュ地方の首都であるレンヌは、パリのモンパルナス駅からTGV(フランスの新幹線)で約2時間で行ける地方都市。サン・マロへ電車で1時間、モン・サン・ミッシェルへはバスで1時間半で行け、ブルターニュ地方の交通の拠点、玄関口です。中世の町並みが残る可愛らしい街であると同時に学生が集まる大学都市でもあります。

もともとはブルターニュ地方と他のフランスの地方を結ぶ交通の中心地として繁栄していった都市だったのが、1720年の火災により多くの建物と通りが焼けてしまったことで町の再開発を余儀なくされました。その影響からか、今では古さと新しさが同居している街となっています。

2002年から地下鉄が開通してより移動しやすくなりましたが、街自体は小さいので観光スポットなどは徒歩圏内でほぼ回れてしまいます。人種のるつぼであるパリから来ると特に感じるのか、移民があまり見かけられずいわゆる白人が多いことも特徴的です。殺伐とした雰囲気が全くなくどこかのんびりとしていて、人々もストレスがないのか穏やかな印象です

c0152507_1231784.jpg
中世の町並みが残る旧市街

レンヌの街の一番の見所はやはり西に位置する旧市街です。17世紀に建てられたネオ・クラシック様式のサン・ピエール大聖堂を囲む周辺には、色濃い木組みが特徴の古い建物が並びます。ここは火災から逃れていまもなお現存する貴重な歴史的地区です。知的好奇心を満たしたくなったら、ブルターニュ博物館へ。ピカソやコローの絵画を所蔵するレンヌ美術館と同じ敷地内にあり、フランスの中でも独特ともいえるブルターニュの文化や歴史をビジュアル的にわかりやすく展示しています。ブルターニュ旅行の手始めに予備学習として見ておくと、それからの旅が一層楽しくなることでしょう。


フレンチ・カンパーニュで中世巡礼の旅
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/11272947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2009-04-07 12:57 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30