美姫、真央、佳菜子、氷上の妖精そろって来春の世界選手権へ

060.gifオメデトウ!!名古屋の三人娘 揃って表彰台へ、そして世界選手権に出場ですね038.gif


c0152507_459010.jpg
全日本フィギュア表彰式 左から2位・浅田真央、1位・安藤美姫、3位・村上佳菜子

c0152507_4552575.jpg

女子FS、安藤美姫の演技


フィギュアスケートの全日本選手権最終日は26日、長野市ビッグハットで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位の安藤美姫(トヨタ自動車)がフリーでほぼ完璧な演技を見せ、合計202・34点で逆転し、6年ぶり3度目の日本一に輝いた。

SPでトップだった世界女王の浅田真央(中京大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたが、193・69点の2位で5連覇を逃した。16歳の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)が187・52点でSPの3位を守った。安藤、浅田、村上が来年3月に東京で開催される世界選手権の代表入りを確実にした。

SPで7位と出遅れた鈴木明子(邦和スポーツランド)が175・96点で4位、14歳の庄司理紗(西武東伏見ク)が165・82点で5位だった。

アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(木下工務店ク東京)が合計127・71点で4連覇した。

■安藤美姫の話 「すごくうれしかった。日本で一番大きな試合で今季一番緊張したけど、SPもフリーも大きなミスなく終われた。演技には二重丸をあげたい」

■村上佳菜子の話 「ずっと練習してきたことが出せた。ものすごくうれしい。やっと落ち着いて自分の演技ができるようになった。先生にもほめられてすごくうれしい」

■佐藤信夫コーチの話 「根性の浅田ですね。舌を巻く。もっと時間が必要と思っていたので、これだけできて大変な驚き。気持ちが吹っ切れたのかな。本当によくやった」

■村主章枝「ジャンプに失敗し、残念だった。いろいろ新しく変えたけど、まだ力が足りないのかな。滑り方とか、課題にしていたものが間に合わなかった」

c0152507_4571818.jpg
女子FS、華麗な演技を見せた浅田真央

c0152507_4574277.jpg
女子FS、村上佳菜子の演技
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/15676995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2010-12-28 05:03 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ


by madame-f
プロフィールを見る