卓球 福原愛、右肘に痛み止め打ち出場

頑張った 愛ちゃん ずいぶん無理してたようですね008.gif

でも目標のメダルは取れたようです

c0152507_20342758.jpg

 女子団体決勝で日本は中国に0―3で敗れ、銀メダルに終わった。88年ソウル大会で公式競技となって以降、男女を通じて初のメダル。シングルスでも過去最高の4位に入った石川佳純(19)=全農=は「(4年後の)リオ(五輪)ではエースになりたい」とレベルアップを宣言。今秋始まる世界最高峰の中国超級リーグ参戦にも意欲を見せた。福原愛(23)=ANA=は昨夏に痛めた右肘を完治させるため、年内は休養に充てる。

 3回目の五輪で悲願のメダルを獲得した福原も、20年目の集大成を見せた。シングルスを制した李暁霞から第2ゲームの5―9から6連続得点で逆転。1―3で敗れたが、一矢報いた。「夢がかなった。日の丸の向こうに、日本で応援してくれた皆さんが見えました」。勝った準決勝で「泣きはらした」が、全力を尽くして負けた決勝では最高の笑顔を浮かべ、表彰式で銀メダルを受け取った。

 体はボロボロだった。昨年夏に右肘を故障。3週間ほど休養しただけで、再び海外ツアーを転戦。日本のチームランクを2位に上げ、今大会の第2シード確保に貢献。これが銀メダルへの第一歩になったが、大会直前に張莉梓コーチ(29)は「右肘は完全には良くなっていない」と明かしていた。痛み止めを打ち、試合に出場。苦労がメダル獲得で報われ、「すべてを出し切れた」と完全燃焼した。

c0152507_20415870.jpg


 表彰式の後、福原は支えてくれた母・千代さん(61)と張コーチにメダルをかけた。「これが大きな目標だった。今は何も考えられない」と今後については明言を避けたが、年内は休養に充てて肘を完治させ、14年東京の団体世界選手権、16年のリオを目指すという。被災地にメダルを届けたいという夢がかない、故郷・仙台の人々と喜びを分かち合うために時間を使うつもりだ。
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/18324088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2012-08-09 20:40 | スポーツ | Trackback | Comments(0)