1/23 若草山山焼き

毎年1月の第4土曜日に行われる「若草山山焼き
奈良県在住者のみならず、毎年10万人以上の観光客が訪れる名物行事です。
奈良市内を見渡せる標高342mの若草山全体に火をつけ、夜空の下で真っ赤に燃え上がる風景は、
まさに圧巻。奈良を代表する寺社、奈良市消防団など多くの関係者が集う奈良の一大行事ですが、
ここまでの規模で山焼きを行うようになった理由は何なのでしょう?

c0152507_12554938.jpg



江戸時代から続く奈良の伝統行事「若草山山焼き

若草山は奈良公園内にある山ですが、3つの山が重なって見えることから「三笠山」とも呼ばれています。
隣にある春日山には樹木が生えていますが、若草山は33ヘクタールの芝生で覆われた草山。
鎌倉時代に農民が野焼きを行ったという記録が残されており、その頃からすでに草山の姿だったそう。
もともと「山焼き」には、病害虫を駆除して、灰を肥料にするという農業のメリットを重視した目的がありますが、若草山山焼きは、少し意味合いが違います。

「若草山山焼き」は、春日大社、東大寺、興福寺の神仏が参集し、先人の鎮魂と慰霊を執り行う「神事」。
ここで言う「先人」とは、若草山山頂にある「鶯塚古墳」の霊魂を指すとされていますが、誰のお墓かははっきりとわかっていません。また、若草山山焼きには奈良全体の防災、世界の人々の平安を祈るという意味も込められています。
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/25215753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2016-01-23 12:58 | お薦め | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30