白壁・文化のみち 二葉館

「シリーズ 文化のみちを歩く」は、テーマを決めて文化のみちの様々な魅力を
たずねる企画です。今回は、尾張徳川家の菩提寺・建中寺をはじめとする
江戸期の史跡をめぐります。また、この日は東区筒井町の湯取車が
名古屋東照宮へ「御社参山車曳行」を行い、帰路に文化のみち二葉館の
玄関前でからくりの披露が行われます。
白壁の街並みのスライドショー


c0152507_11463416.jpg

今朝 057.gif雨上がりの街並みを散歩してきました

文化のみち・二葉館では朝から多くの方が見に来てみえました
山車からくりの奉納は、午後3時45分より、文化のみち二葉館玄関前で行われます。

c0152507_11414731.jpg

ひときわ目立つオレンジ色の洋風屋根、ステンドグラスの光がこぼれる大広間、
そして落ち着いた伝統的な和室――東洋と西洋の文化が溶け合った大正ロマンの
香り高い館が、名古屋城から徳川園にいたる「文化のみち」の拠点施設として甦りました。
日本初の女優と謳われた川上貞奴と、電力王と称された福沢桃介が、大正から昭和初期
にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元し、貞奴の関連資料を展示するとともに、
郷土ゆかりの文学資料の保存・展示を行っています。
二葉館 (旧川上貞奴邸)

c0152507_11461125.jpg

「料亭・加茂免」では今日も結婚式があるようで披露宴参列の方が・・024.gif
お向かいのセレモニーホール「アーカンジェル」でも披露宴があるみたいですね
[PR]
トラックバックURL : http://madamef.exblog.jp/tb/8920706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2008-05-25 12:03 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30