カテゴリ:スポーツ( 66 )

宮里藍、米ツアー涙の初V「もう最高」

c0152507_975068.jpg
エビアン・マスターズを制し、優勝トロフィーを掲げる宮里藍

エビアン・マスターズ最終日(26日、フランス、エビアン・マスターズGC、6373ヤード、パー72)
悲願の米ツアー初優勝! 首位に1打差の4位でスタートした宮里藍(24)は5バーディー、2ボギーの69とスコアを伸ばし、通算14アンダーで並んだソフィー・グスタフソン(35)=スウェーデン=とのプレーオフも1ホール目(18番)でバーディーを奪い振り切った。米ツアー参戦4年目の宮里は日本選手として最年少の同ツアー優勝となった。

 その瞬間。藍は空を見上げることができなかった。あふれ出るものをこらえるように、うつむいて目頭を押さえた。

 「うれしいです。もう最高。最後は手が震えてしまいました」

 通算14アンダーで並んだS・グスタフソンとのプレーオフは1ホール目(18番)で決着をつけた。グリーン右バンカーからの第3打をピン1メートルに寄せ、1パットでねじ込んだ。米ツアー本格挑戦4年目、ようやく初優勝をつかんだ。

 「勝つ準備はできています。はやる気持ちを抑えて、焦らずに1打1打を積み重ねていきたいと思っています」

 1打差の4位でホールアウトした前日、笑顔で語った通りのプレーを展開した。幸先よく2番(パー3)でバーディーを奪い、通算12アンダーの首位に並びかけた。6番をボギーとし、いったん後退したものの8、9番の連続バーディーで一気に単独首位-。

 バックナイン。浮き足立ってはいけない。信じられるのは自分の経験と技術、そしてハート。「いまは、すごく冷静に自分をコントロールできています。自分に期待しすぎることなく、自分の世界に入っています」。スランプのときも、逃げずに向き合ってきた自分の気持ちだから信じられた。

 11番で約10メートルの上りバーディーパットを放り込み、また1打突き放す。米ツアーに本格参戦してから、ずっとパートナーを組んできたキャディーのミック・シーボーン氏と初めて拳を合わせた。終盤、2メートル前後のパットに苦しみ、トップに並ばれたが焦らない。

 「これまでいい経験を重ねてきました。その経験をもとに、今週は100%集中できています」と話していたハートはここでも揺れなかった。

 本戦の18番。国内ツアーの主戦に成長し、この大会にも出場した東北高ゴルフ部の後輩、有村智恵や原江里菜が見守る前で3メートルのバーディーパットを沈め、プレーオフへの権利を確保した。ガッツポーズを2度強く握り声援に応えた。

 「ありがとう」

 唇がそう動く。支えてくれたすべての人に伝えたい言葉だった。幾多の苦難を乗り越え、心技体がかみ合った史上最強の藍。プレーオフを前にしたこのとき、すでに優勝を確信していた。

c0152507_994116.jpg
エビアン・マスターズを制し、優勝トロフィーにキスをする宮里藍


【写真で見る】宮里藍 米ツアー初優勝
[PR]
by madame-f | 2009-07-27 09:11 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

世界選手権 金妍児、女子初の200点台で優勝!

054.gif残念 真央ちゃん 逆転ならず007.gif
美姫ちゃんは意地で銅メダルを獲得ですね038.gif


c0152507_20311571.jpg
表彰式の(左から)銀のジョアニー・ロシェット、金の金妍児、銅の安藤美姫

フィギュアスケートの世界選手権第4日が28日(日本時間29日)、米国・ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われ、自身が持つSP世界歴代最高得点を更新した金妍児(18)=韓国、キム・ヨナ=がフリーでもほぼ完璧なスケーティングを見せトップとなり、合計207.71点で女子では初めての200点台をとり初優勝を飾った。

【写真で見る】ヨナ、真央、美姫、村主…女たちの氷上バトル

 女子の浅田真央(18)=愛知・中京大中京高=は序盤のトリプルアクセルでの転倒が響き、得点が伸びず122.03点で、SP(ショートプログラム)との合計188.09点で4位に終わり、表彰台を逃した。

 SPで今季の国際大会では自己最高の64.12点を出し、4位につけた安藤美姫(21)=トヨタ自動車=はフリーのシーズンベストとなる126.26点を出し合計190.38点で浅田を抜き3位と健闘した。2位はジョアニー・ロシェット(23)=カナダ=、SP9位の村主章枝(28)=AK=は目立ったミスはなかったもののジャンプの回転不足など細かなミスが響き合計164.58点で8位だった。

 浅田が表彰台を逃したものの、日本女子は上位2選手の順位合計が「13」以内となり、来年2月のバンクーバー冬季五輪の出場枠3を確保した。


c0152507_2026099.jpg

4位に終わった浅田真央


【関連記事】
真央「ロスの奇跡」起こす!ライバルと10.06差
攻める気持ち薄く…連覇厳しい浅田真央
[PR]
by madame-f | 2009-03-29 20:33 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

浅田真央が逆転で3連覇!全日本フィギュア

c0152507_21535124.jpg

女子の表彰式でメダルを手に笑顔の(左から)3位の安藤美姫、優勝した浅田真央、2位の村主章枝の3選手

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は27日、長野市のビッグハットで行われ、女子でSP5位のベテラン村主章枝(avex)がフリーで1位となり、178・59点で2位に入った。

 「表彰台に立てるみたいで、うれしいです」。SP5位から大逆転で2位をつかんだ村主の笑顔が弾けた。2005年の優勝以来、3年ぶりのメダル獲得。「ここ2、3年の苦しんだのがつながったと思う」。しみじみと喜びをかみしめた。

 何より喜んだのがフリーの得点が120点を超えたこと。「非常にうれしいこと」。ここ数年、苦手とされるジャンプの改良を重ね、この日は2連続ダブルアクセル(2回転半)、SPで転倒した3回転フリップで加点される成果をみせた。

 これで来年の世界選手権代表を確定。それでも村主は「最終目標はバンクーバー五輪」と表情を緩めない。大みそかに28歳を迎えるベテランは、大舞台の豊富な経験を持つ。浅田真、安藤、中野のトップ3が安穏としていられない“風穴”を開けた


浅田真央
c0152507_21544497.jpg

「いつも通り攻めの気持ちを忘れずにやった。自分のリズムで滑ることができた。すべてにおいて満足している。来年への課題は連続ジャンプとしっかり滑りきること。次は四大陸選手権と世界選手権に向けて頑張りたい」

村主章枝
c0152507_2155791.jpg

「試行錯誤が続いたけれど、立て直して3年ぶりに世界選手権に行くことができてうれしい。課題だったジャンプがミスなくてよかった」

安藤美姫
c0152507_2155242.jpg

「(競技直前の練習で負傷した)右足の筋肉が張っていたが、強い気持ちで滑った。30パーセント以下の力しか出せなかった」

鈴木明子

「フリーでは自分が持っている力をすべて出せた。ほっとしている。(今季は)波はあったけど、乗り越えられて少しは強くなったと思う」

中野友加里

「緊張して思うように体が動かなかった。ジャンプが決まればのっていけたと思うが、自分の気持ちが弱かった」
[PR]
by madame-f | 2008-12-27 21:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

GPファイナル 浅田真央、逆転で優勝

真央ちゃん 凄い034.gif
ライバルを相手に思い切って跳びました
優秀の美を飾って GPファイナル優勝ですね


c0152507_242567.jpg

GPファイナルで優勝した浅田真央のフリーの演技。

 今シーズン序盤から味わった苦難の先に、歓喜が待っていた。逆転でつかんだ「GP女王」の座。浅田真央は「3年ぶりだし、とてもうれしい」と喜びをかみしめた。
 SP首位の金妍児を追い、小差の2位で迎えた自由演技。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-2回転のコンビネーションをしっかりと跳んだ。次の単独の3回転半もきれいに着地。女子の国際大会では初の快挙となる、2本の大技を見事に成功させた。
 中盤の連続3回転ジャンプの一つ目でまさかの転倒。それでも気落ちせず、「仮面舞踏会」の重厚な調べにふさわしい、力強い滑りで観客を自らの世界に引き込む。演技が終わると上を向いてミスを悔やんだが、最終滑走の金がジャンプで2つの失敗があり、逆転優勝に成功。控室で笑顔がはじけた。
 転倒ジャンプ以外で回転不足の判定はなし。ジャンプの失敗続きで優勝を逃した今季初戦のフランス杯のころから、ジャンプのレベルを大きく上げた。「アクセルを2回跳べて達成感がある」。その声は弾んでいた。
 これでシニアでの金との対決は浅田真の3勝2敗。「周りの方に言われるから、やっぱり意識します。すごく刺激をもらえる相手」。来季のバンクーバー五輪まで続きそうなライバル対決。「敵地」で大きな勝利を手にした

攻めの滑りで奪還!真央ちゃん、3季ぶり「女王の座」に
 真央、攻めた--。フィギュアスケートのGPファイナル最終日は13日、女子ショートプログラム(SP)2位の浅田真央が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度入れる難易度の高い演技で、総合188・55点をマークし逆転優勝。
 ライバル金妍児(キムヨナ)(韓国)から、3季ぶりにGPファイナル女王の座を奪回した。
 SP3位の中野友加里(プリンスホテル)は、ジャンプのミスが響いてフリー6位で総合5位。安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転ジャンプに挑んだものの回転不足となり、フリー5位で総合6位だった。
 男子は、SP首位の小塚崇彦が、ジャンプで2度転倒してフリー3位となり、総合銀。日本男子史上初のファイナル制覇はならなかった。


 GPファイナル日本人最上位である浅田と小塚の2人は、来年3月の世界選手権代表をほぼ確実にした。
[PR]
by madame-f | 2008-12-14 02:03 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

NHK杯 浅田2年ぶり優勝 GPファイナル進出 


c0152507_23484657.jpg

女子シングルで日本勢が表彰台を独占。
優勝した浅田真央(中央)、2位の鈴木明子(左)、3位の中野友加里


 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は第2日の29日、東京・代々木第1体育館で女子のフリーがあり、ショートプログラム(SP)首位の浅田真央が計191.13点で2年ぶり2回目の優勝を果たした。今季GP初勝利を挙げ、GP通算6勝目で自身の持つ日本選手最多勝利記録を更新。SP4位の鈴木明子が2位、SP5位の中野友加里が3位に入り、2年ぶりで日本勢が表彰台を独占した。

【写真特集】GPファイナルへ、浅田真央会心の演技、中野友加里も

 GPファイナル(12月12~13日、韓国・高陽)には浅田真、中野、安藤美姫(トヨタ自動車)の進出が決まり、村主章枝(avex)は進めなかった。SP8位の長洲未来(米国)は8位。アイスダンスはオリジナルダンス(OD)まで8位のキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)が計135.83点で8位。ODまで首位のフェデリカ・ファイエラ、マッシモ・スカリ組(イタリア)が計176.67点で初優勝した。ペアのフリーはSP首位の■清、▲健組(中国)が計186.06点で初制覇し、SP2位の井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組(米国)組は2位。


 ◇女子のGPファイナル進出者確定

 フィギュアスケートGPファイナルの進出者(各種目6人・組)が29日、男子を除く3種目で確定した。女子は(1)金妍児(キム・ヨナ)=韓国=(2)ジョアニー・ロシェット(カナダ)(3)浅田真央(4)カロリナ・コストナー(イタリア)(5)中野友加里(6)安藤美姫の6選手(丸囲み数字は総合順位)

 ▽安藤美姫 先に2試合が終わり、待っている時間が長かったけれど、GPファイナルに行けることが決まってうれしい。応援してくれる方々のためにも、韓国(でのGPファイナル)では、パワフルで自分らしい演技が100%できるように頑張ります。

 ○…中野がグランプリ(GP)ファイナルへの切符をもぎ取った。4位なら出場権を逃していただけに「うれしい」と、ホッとした様子で笑顔を見せた。今大会は右足首とこ関節に故障を抱えながらの出場で、前日のSPではミスを連発して5位。フリーでは、冒頭の3回転半ジャンプを2回転半に変更するなど、安全策をとった。後半の3回転フリップが回転不足と判定されたものの、それ以外はほぼミスなく滑りきり、演技終了後は涙を流した。GPファイナルに向けては早くも意欲満々で「3回転半、3回転-3回転にチャレンジするいい場所。治療をしつつ、このままいきたい」。

 ○…23歳でGPシリーズ初出場の鈴木が2位と大健闘。「ビックリしている。信じられない」と繰り返した。二つの連続ジャンプをミスし、中盤の3回転ルッツでも着氷が乱れたが「攻めていこうと決めていたので、切り替えられた」。その後はキレのいいステップと、思い切りのいいジャンプで波に乗り、「お客さんの手拍子のリズムが速いな」と感じる余裕さえあったという。東北福祉大在籍時の5シーズン前に、鈴木は摂食障害で体重が15キロも減り、フィギュアから一度離れた。それでも、スケートを目標に立ち直った。そんな鈴木の活躍を、同じ愛知県出身の浅田真と中野も「いい刺激になります」と祝福した。

 ○…ペアで井上、ボルドウィン組がペア2位に食い込んだ。冒頭の3回転トーループでボルドウィンが転倒したが、その後はぴったりそろったスピンや正確なリフトで点数を稼いだ。井上は32歳、ボルドウィンは35歳。今季は引退を考え「髪を切って犬も飼い始めたのに、ジョンが8月に『GPシリーズに出たい』と言い始めた」と井上。準備不足で臨んだ10月末のスケートアメリカは5位だったが、今回は演技をまとめ上げた。井上は「やると決めた以上、しっかりやりたい」。ベテラン2人の挑戦はまだまだ続く

c0152507_23504857.jpg

【フィギュアNHK杯】女子シングルで優勝した浅田真央のフリー演技
[PR]
by madame-f | 2008-11-30 23:51 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

11/24 名古屋シティマラソン

034.gif今朝のウオーキングは名城公園へ 
もうすっかり公園のなかは銀杏もモミジ散っていて枯葉がいっぱい・・・
c0152507_11445182.jpg

c0152507_11471111.jpg

c0152507_11473318.jpg

お城の堀にはカモメも羽を休めていました

005.gif帰りに市役所前が名古屋シティマラソンの折り返し点でしたので
ガンバって走っている選手の応援をして撮ってきました024.gif

c0152507_11474873.jpg

061.gifトップのランナー・ゲディオン選手をパチリ
c0152507_11483021.jpg

女子トップの大南姉妹もガンバってました071.gif
c0152507_11485423.jpg

c0152507_11491179.jpg


2008名古屋シティマラソン
大会のようす
c0152507_1215698.jpg

内容
名古屋シティマラソンは都心のど真ん中を颯爽と走れるコースが最大の魅力で 市民ランナーからファミリーまで毎年1万5千人近くのランナーが参加する一大イベントです。

実施時期 : 平成20年11月24日(月・休)

会場 : 瑞穂公園陸上競技場

種目:   
ハーフマラソンの部
10kmの部
4kmの部

主催:
名古屋市
名古屋市教育委員会
(財)名古屋市体育協会
中日新聞社
中部日本放送
[PR]
by madame-f | 2008-11-24 12:14 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ


by madame-f
プロフィールを見る