<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

第10回 にっぽんど真ん中祭りNAGOYA 最終日

皆さん 057.gifの中でも頑張ってます071.gif

060.gif夏のイベント 「ど真ん中祭り」は、今日が最終日です

昨年の大賞「笑”」 が連覇するのか 興味津々ですね~039.gif


c0152507_7382137.jpg

c0152507_7364863.jpg


061.gif
第10回 にっぽんど真ん中祭りNAGOYA 開催 ( 2008/8/29 fri -31sun )


c0152507_5145517.jpg


027.gifにっぽんど真ん中祭りNAGOYA HP  

祭りの詳細はこちら

会場情報 はこちら   


072.gif昨年の大賞は、「笑”」 素晴らしい踊りでしたね (犬山 8回出場)

c0152507_5195141.jpg






 
[PR]
by madame-f | 2008-08-31 07:43 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

北区・黒川 「LAZY FLOW」

c0152507_6205684.jpg


中日新聞・ショッパーズ(8/28)に掲載されています029.gif

Tシャツまつりでお世話になった黒川の「LAZY FLOW」さん

店内は素敵な雑貨・婦人服などでいっぱいですよ


c0152507_6174142.jpg

c0152507_6211058.jpg


暮らし工房 LAZY FLOW

住所::愛知県名古屋市北区黒川本通2-51-7
TEL/FAX::052-981-4673
OPEN::10:00~18:30
CLOSED::水曜日・第2、4日曜日
c0152507_6264678.gif

[PR]
by madame-f | 2008-08-29 06:31 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

エストニアとラトヴィア雑貨 プチマルシェ*ジャーナル

プチマルシエさんが出掛けたエストニア、ラトビアで見つけてみえたもの
彼女の目が確か きっと貴女に合ったものが見つかるかも~037.gif


c0152507_6112369.jpg


「エストニアとラトヴィアのやさしいハンドクラフトが始まります。
現地で見つけた毛織物、手袋や靴下、リネン製品、木のさじなどが並びます。
おすすめはいろいろな素材と形のかご。
白樺の皮や松で編んだかごは北欧の洗練された雰囲気と東欧の素朴さを併せ
持っていて素敵です。
期間は2008.27(wed)から31(sun)まで。
お見逃しなく。
c0152507_6114628.jpg


プチマルシエ・ジャーナル

〒464-0807 名古屋市千種区東山通り 5-19カメダビル2階A号室
TEL&FAX :052-783-1991
営業時間:12:00-19:00火曜定休(買い付けの為、臨時休業あり)
名古屋駅より地下鉄東山線で15分、 東山公園駅下車。
2番出口より徒歩1分。ビルのスロ-プ上がり2階。
専用駐車場はありません。
恐れ入りますが、有料駐車場を御利用ください
[PR]
by madame-f | 2008-08-28 06:16 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

8/28 パレット倶楽部 in カッセッタ 開催します



 024.gif楽しくおしゃべりをしながら、
ご自分の作りたい作品を手作りしてみませんか?
使用する材料はご用意しますが、
手持ちの糸や生地を使用しても頂いても結構です

講師 (テトラポット)  手編み・ニット小物  
コースター、携帯ケース、小物入れ、ポーチ、巾着バック、帽子、
マフラー、ベスト ほか


講師 (真多夢絵布)  手芸・ソーイング   
布の花のアクセサリー・刺繍糸で作る花、フェルト刺繍
スラッシュキルト・ベビー服 ほか


c0152507_12235750.jpg

                ↑ 布の花



日 時 : 8月28日(木) 14:00~16:00
場 所 :  ギャラリー「ガレリア・カッセッタ」  TEL 052-321-6078
       地下鉄東別院①番出口東へ  女性会館の手前の道を北に曲がる
参加費 : ¥2000  (手作りパンとお飲み物付)
材料費 : 実  費


  

                        
[PR]
by madame-f | 2008-08-27 12:29 | 絵布倶楽部 | Trackback | Comments(0)

了庵の美味しいランチ


昨日 鬼岩公園・了庵へ出掛けました024.gif

中山道・美濃太田宿 和工房「花まる」 さんが主催する
夏の特別企画 『手作り作品展 in 鬼岩』 です


日 時 : 8月20日(水)~31日(日) AM9:30~PM5:00
          (25日・26日はお休み)
場 所 : 鬼岩温泉・カフェギャラリー 「了庵」 TEL 0574-68-2208
       岐阜県瑞浪市日吉町9502-1 (松野湖入口)
出 品 : 古布を使った洋服、バッグ、アクセサリー
       スラッシュキルトのバッグ
       手編み作品
       メルヘン人形、ちりめん細工
       とんぼ玉アクセサリー、水牛角アクササリー
       着物地リメイク帽子
       樹脂アクセサリー   

今回は、テトラポットさん、Kinのさんも一緒に出品していますよ040.gif

c0152507_76163.jpg
c0152507_763325.jpg

c0152507_7523587.jpg
c0152507_7525245.jpg


了庵への入り口
c0152507_7533923.jpg



072.gif今月のランチ (1日限定30食) 要予約
c0152507_71527.jpg


真多夢絵布のアルバムへ

特別イベント: オカリナコンサート
          8月28日(木) PM3:00~PM4:00 
          指定席+プロバンスのケーキと飲み物付き ¥1300
          お問い合わせ  和工房 「花まる」 0574-27-5870 まで

[PR]
by madame-f | 2008-08-25 07:54 | 真多夢絵布 | Trackback | Comments(0)

『きもの いわこう』 店主・狩谷秀子さん

ふだん使いのシンプル器を楽しむ
今年1月、田園調布に誕生した、『きもの いわこう』。
和のしゃれと粋を追求した小さな店を営む店主の狩谷秀子さんが、
日常にしっくりとなじむ和モダンの器を探しに

c0152507_656551.jpg


「ここにゆっくりと来るのは本当に久しぶり」と、目を輝かせる狩谷秀子さん。“現代の生活にしっくりとなじむ和”という『J-PERIOD』のコンセプトは、彼女の店『いわこう』に通じると以前から感じていたそう。
「シンプルながら、それでいてしっかりとした個性が感じられる。いいものってこういうことなんだろうなと思います」。

器を選ぶまなざしには、器とその作者への愛と尊敬が見られる。
「選ぶときにはそれほど時間をかけないタイプです。着物もそうですが、どちらかというとむこうに“呼ばれる”んですね。たくさんのものが並んでいても、これ、というものは光って見えるんです」。

いいものを選び取る審美眼。狩谷さんは、その極意を“こだわること”だと話す。
「心地いいこと、楽しいと感じることをこだわり抜けば、自分にとって必要なものが見えてくる。そして、こちらのような趣味のいい場所に足を運べば、おのずとセンスは磨かれると思うのです」。

ご主人が長年着物の仕事をしていたものの、これまで着物を強く意識してこなかったという狩谷さんは、店のオープンを機に、日本の美、和の良さを再確認している。
「先日、お茶のお稽古で雨降りの席入りの練習をしたのですが、そのとき、露地傘を扱う先生の所作の美しさといったら…。何げない仕草にも、品と優雅さが満ち溢れていたのです。日本の美しさは、心・技・体すべてが備わってこそのものであると、改めて実感させられました」。

「いわこうのコンセプトでもあるシンプル&シックというのは、今の30、40代の方が着物を着たいというときには、一番入りやすいのではないかと思います。どこか都会的で現代的。でも、実はそれこそが日本の伝統的な美しさではないかと思うのです。足し算ではなく、引き算の美しさ。余分なものを削ぎ落としたところにある様式美。今、日本中で和の良さが見直されつつありますが、私にとっては必然とも思えるものです」。

「長く受け継がれてきたものには必ず意味があり、先人の思いがあります。それを、着物を通して現代の私たちの暮らしにマッチングさせていくこと、それが私の仕事だと考えております



c0152507_6575938.jpg


狩谷秀子●かりや ひでこ 
『きもの いわこう』店主。26歳で『東京ますいわ屋』若主人の旦那様と結婚、家庭に入り2人の男の子を育て上げる。2007年、「自分のセンスを生かした仕事を」と着物の世界へ。かねてより念願だったショップ、いわこうを今年1月にオープン。サロン風の気軽な雰囲気と、これまでの呉服店にはない洗練されたコーディネートで、多くの女性の支持を集めている。

c0152507_782245.jpg


和の心に真心を込めて『きもの いわこう』
田園調布の駅から住宅地を抜けた場所に位置する『きもの いわこう』。着物をはじめ、漆や陶器などの和小物やフラワーアレンジメント“野の花”など、狩谷さんが選んだ趣味のものがそろう。プリザーブドフラワーのバラの花を見本に仕立てる色無地やおあつらえ、悉皆(しっかい)も充実。お手入れ永久無料のガード加工や着付け無料サービスも展開。


c0152507_792797.jpg
きもの いわこう
東京都大田区田園調布2-48-12
TEL: 03-6303-1050
営業:11:00〜19:00
定休日:日曜不定休
[PR]
by madame-f | 2008-08-24 07:32 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

CRAFT TREE in ラシック 「プチマルシェ」

c0152507_4362037.jpg


061.gifCRAFT TREE in ラシック
art-bookshop&cafeが主催するイベント「CRAFT TREE 」にプチマルシェも参加させていただくことになりました。
このイベントでは、日替わりで様々な作家さんがワークショップを行います。私はフランスやベルギー、チェコなどで買い付けたレースやボタンなどを使った首飾り、付け襟を作る教室を開きます。
写真はサンプルで作ったもの。アンティークのよだれかけやレースをコラージュした首飾りです。今回は「素材」がテーマなので、お客さんに好きな素材を選んでいただいて作っていただきます。皆さんがどんな作品を作られるか今から楽しみです。
イベントの詳細はこちらからご覧ください。


c0152507_4404323.jpg



c0152507_751637.jpg


8/24(日)
古着コラージュで作るアクセサリー

■時 間 a.13:00- b.16:00- (約2h)
■定 員 各回10名
■参加費 4,200円(材料費・講習費込・税込)
■持ち物 使用したい素材がある方はご持参ください。

いつも店頭で販売しているフランスの古着やベルギーのレース、チェコの
ガラスボタンなどの素材を使って、首飾りや付け襟を作ります。
写真は材料の一部。
お好きなパーツを好きなだけ使っていただけるワークショップです。

誰でも簡単に作れますので、ぜひご参加ください!
[PR]
by madame-f | 2008-08-18 07:06 | お薦め | Trackback | Comments(0)

8/20 手作り作品展 in 了庵

c0152507_11145010.jpg


中山道・美濃太田宿 和工房「花まる」 さんが主催する夏の特別企画

『手作り作品展in鬼岩』 に昨年に続き 今年も出品致します024.gif

お近くの皆様、ぜひお出掛けください071.gif



日 時 : 8月20日(水)~31日(日) AM9:30~PM5:00
場 所 : 鬼岩温泉・カフェギャラリー 「了庵」 TEL 0574-68-2208
      岐阜県瑞浪市日吉町9502-1 (松野湖入口)
出 品 : 古布を使った洋服、バッグ、アクセサリー
       スラッシュキルトのバッグ
       手編み作品
       メルヘン人形、ちりめん細工
       とんぼ玉アクセサリー、水牛角アクササリー
       着物地リメイク帽子
       樹脂アクセサリー   

c0152507_11185087.jpg

      ↑ 昨年の会場風景 ↓
c0152507_1121259.jpg


060.gif
特別イベント: オカリナコンサート
          8月28日(木) PM3:00~PM4:00 
          指定席+プロバンスのケーキと飲み物付き ¥1300
          お問い合わせ  和工房 「花まる」 0574-27-5870 まで

喫茶コーナー
c0152507_11174792.jpg





了庵のランチ紹介ページ
http://www.d6.dion.ne.jp/~ohtake.k/tajimi/ryoan/
[PR]
by madame-f | 2008-08-18 06:47 | 真多夢絵布 | Trackback | Comments(0)

夏野菜のドライカレー

なすとカレーは相性抜群です!

c0152507_51512.jpg


暑いときには、ルウを使ったカレーよりも、カレー粉で作るスパイシーなドライカレーのほうが食が進みます。ご飯やナンと一緒に食べるのはもちろんですが、野菜で包んで食べるのもおいしいので、おつまみにはぴったり。なすは、一度素揚げしてから炒めると、格段においしくなるのでぜひお試し下さい。ひき肉から脂が出るので、炒めるときに油を入れなくても大丈夫です。

-夏野菜のドライカレー- c0152507_513826.jpg

■材料:2~3人分
豚ひき肉・・・400g
なす・・・2個
パプリカ・・・1/2個
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
しょうが・・・1かけ
Aウスターソース・・・大さじ4
 ケチャップ、生クリーム・・・各大さじ2
 カレー粉・・・大さじ1と1/2
 レタス、きゅうり・・・各適量







夏野菜のドライカレーの作り方
その1
c0152507_52165.jpg


なすはへたを切り、パプリカはへたと種を取ってそれぞれ一口大の乱切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。揚げ油を中温に熱し、なすの水気をよく拭いて入れ、こんがりとするまで揚げて取り出す。

その2
c0152507_524734.jpg


フライパンににんにく、しょうがを入れ、ひき肉を加えてほぐしながら炒める。肉がポロポロにほぐれたら玉ねぎを加えて炒め、さらにパプリカを加えて脂がなじむまで炒める。カレー粉、ソース、ケチャップ、生クリームを加え、全体がなじむまでよく炒め合わせる。

その3
c0152507_53186.jpg


揚げたなすを戻し入れて炒め合わせる。器に盛り、レタスをちぎって添え、きゅうりも薄切りにして添える。そのまま食べるか、レタスで包んで食べる。

POINT!
c0152507_535358.jpg


トッピングを添えると、味の調整ができて飽きずにたっぷり食べられます。カレーはマイルドな辛みに仕上げてあるので、一味唐辛子で辛みをプラスしたり、粉チーズをふってさらにコクを加えたりしてもよいでしょう。
[PR]
by madame-f | 2008-08-17 05:17 | グルメ | Trackback | Comments(0)

エストニアとラトヴィアのやさしいハンドクラフト

c0152507_325322.jpg


エストニアとラトヴィアのやさしいハンドクラフト

2008.8.27 wed - 8.31 sun


この春、エストニアとラトヴィアで買い付けた雑貨や民芸品をまとめて販売します。素朴なかごもたくさん並びますよー。期間が短いのでお見逃しなく!

バルト海に面した小さな国々、エストニアとラトヴィアでは、今もなおハンドクラフトが暮らしの中に息づいています。

手織りのリネンや白樺や松を編んだかご、木のさじ、手編みのミトンや靴下など、素朴でやさしいハンドクラフトをお楽しみください。


プチマルシエ・ジャーナル

〒464-0807 名古屋市千種区東山通り 5-19カメダビル2階A号室
TEL&FAX :052-783-1991
営業時間:12:00-19:00火曜定休(買い付けの為、臨時休業あり)
名古屋駅より地下鉄東山線で15分、 東山公園駅下車。
2番出口より徒歩1分。ビルのスロ-プ上がり2階。
専用駐車場はありません。
恐れ入りますが、有料駐車場を御利用ください。

c0152507_317063.jpg

[PR]
by madame-f | 2008-08-13 03:37 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ


by madame-f
プロフィールを見る