060.gif名古屋市熱田区役所で月2回”加藤晴美先生の薬膳料理教室”が開催されます。

花育あのね塾のまりこさんから参加されて作られた料理のスナップが届きました
c0152507_22151423.jpg


      黒胡麻の炊き込みご飯・人参の花園揚げ・里芋のふくめ煮
      車麩と野菜の炒め煮・牛蒡と油揚げの具沢山味噌汁・揚げ昆布のおやつ
      人参ケーキ等

      どれも野菜の甘みが引き出された愛情たっぷりの数々・・・

059.gif

2月の熱田教室・・・2月9日(火)と25日(木)

3月の熱田教室・・・3月4日(木)と18日(木)

            場所:熱田区役所6F調理室 
 
 身近な材料を使った薬膳料理教室で参加費2000円も手軽です。
 興味がある方は是非、どうぞ!040.gif
[PR]
by madame-f | 2010-01-29 22:19 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

昨日 前川さんが出演する北文化小劇場まつり「舞唄奏装遊(おまつりさわぎ)」へ

今年は太鼓のほかに日本舞踊にも登場してました038.gif

c0152507_4571716.jpg
黒田節
c0152507_4585080.jpg
どんど鼓〈和太鼓)

c0152507_502867.jpg
ちいさい子供も和太鼓や踊りに参加しています
c0152507_53112.jpg


c0152507_555151.jpg
ヨシコ・フラ・スタジオ桃花会
c0152507_564630.jpg
民謡よしこの会

061.gif ボランティア企画公演 第4回舞唄奏装遊「北文化小劇場まつり」
「舞唄奏装遊(おまつりさわぎ)」 今年のテーマは、「はな・華・花」
日 時 : 2010年1月24日(日) 12:30~16:00
会 場 : 北文化小劇場  052-910-3366
入場料 :  ¥500  中学生以下 無料
出演者 :
コスモス会(大正琴)、民謡よしこの会(民謡)、コーラスDO!(合唱)、川崎会北(三味線と唄)
レファ(フラダンス)、舞self(ダンス)、どんど鼓〈和太鼓)、ヨシコ・フラ・スタジオ桃花会(フラダンス)
ダンスカンパニーMAR(ダンス)、朗読の会あや(朗読)、内田登菊社中(日本舞踊)
音舞打鼓(和太鼓)

昨年の様子は こちら から

北文化小劇場 052-910-3366
名古屋市北区志賀町4丁目60番地の31(東志賀公園西隣)
[PR]
by madame-f | 2010-01-25 05:14 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

尾張七宝の体験教室開催

友人の 「加藤七宝」さんのホームページから新着情報のご案内
三代目の加藤芳郎さんが尾張七宝のシニア向けに体験教室を開催されます

有限会社 加藤七宝製作所
愛知県名古屋市西区香呑町4-31
電話&FAX:052-531-1382
info@katoshippo.com
c0152507_3322329.jpg


2/9 尾張七宝の体験教室開催
2月9日(火)に名古屋市中区伏見近くにある後藤銅器店内のギャラリーにて、
尾張七宝の体験教室を開催します。

シニア向けの情報紙「ROOS」のなかにあるROOS塾講座の企画として、特別開催です。

尾張七宝の伝統技術である有線技法を用いた、世界に一つだけのオリジナルペンダントが創れます。

銀線を使った本格有線七宝が体験できる2回完結型の講座内容です。

シニア向け情報紙ということで、今回は限られた世代の方のみが対象になりますが、
興味のある方はROOS倶楽部事務局までお問い合わせください。

本日、20日に名古屋市内で配られた中日新聞朝刊に「ROOS」は折り込まれています。

ROOS倶楽部事務局 電話 052-232-3503

インターネット http://roosclub.net/



加藤芳朗先生の尾張七宝づくり
~ ほかでは体験できない!有線七宝で自分だけのペンダントを ~
内 容
日本の伝統的工芸品指定でもある「尾張七宝」。
今に伝わるその魅力と真の美しさを、作品制作を通して学びます。
銀線を立てる本格的な有線七宝づくりは、他では体験できない特別企画講座です。
尾張七宝の伝統美と技の世界に、じかに触れてみませんか。

講 師  尾張七宝 加藤芳朗 先生
会 場  ROOSサロン(名古屋市中区錦2-19-14後藤銅器店2F)(地下鉄伏見駅徒歩5分)
時 間
1回目=午後1時から4時まで(3時間) 
2回目=午後3時半から5時まで

対象者  ROOS倶楽部会員
定 員  10人
参加費
(税込) 3,800円(2回分)(講座初日にお支払いください)
教材費
(税込) 3,500円(2回分) 講師からプリント資料等を配布することがあります
持ち物 筆記用具など
スケジュール 講座内容
2月 9日
(火) 第1回 「オリジナルペンダントづくり」
    尾張七宝の代表的な工程である「植線」と「施釉」の伝統技法で作ります。
    植線=ピンセットで純銀製のテープ状の線を模様の輪郭として加工、植え付
    け、色と色の境界線となります。
    施釉=植線された模様の内外に筆や竹串で七宝釉薬を施します。
    その場で小型電気炉で2回焼成後、作品を先生が預かり、仕上げ加工をします。
    作品は、次回の講座でお渡しします。
3月 9日
(火) 第2回 「先生との懇談と作品を楽しむ」
    完成した作品を手にして、加藤先生を囲んで、感想や質疑応答などを交えて、
    作品を楽しみます。加藤先生から尾張七宝の伝統美と技などの話も聞きます。

講師プロフィール
平成17年愛知県立芸術大学美術学部を卒業、家業創業の(初代)加藤亮三(祖父)の「尾張七宝」の道へ入る。(二代目)加藤勝己(父)から伝統的技術を学びながら、現代生活に相応しい新しい七宝の“カタチ”を求める一方、精力的な作品づくりと持続可能な伝統文化を守る会などで“七宝の道”を邁進している。加藤七宝製作所 http://katoshippo.com/
[PR]
by madame-f | 2010-01-21 03:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)


c0152507_5153477.jpg


アイシン精機は、インテリアとしてのデザイン性や使いやすさを追及して、使う人の快適さを実現した家庭用ミシンの新製品「SP10」を、2010年1月13日に発売した。同日オープンした、笑顔生活を応援するコミュニケーションサイト「笑顔のたまご」で販売していく。

 「SP10」は、ミシンを使う女性の声を反映して「女性目線」で開発。初心者でも快適に使えるように人間工学に基づいたデザインを採用。また、使い方をイラストで簡単に説明した「ワンポイントナビ」や15種類の縫い目のパターンがひと目でわかる大きなダイヤルと「返しぬいレバー」などの機能を搭載するなど、ユーザーが「楽に作業できる」「操作に悩まない」工夫を盛り込んだ。09年10月には「2009年度グッドデザイン賞」を受賞した。

 色は、マシュマロホワイト、ショコラブラウン、セサミブラック。価格は2万4800円。

 発売に際して用意した直販のWEBサイト「笑顔のたまご」には、弁当袋やきんちゃくなど簡単につくれる小物類の制作事例の紹介や、キャンペーンやイベントの告知、またユーザー同士の情報交換の場として活用してもらう。
[PR]
by madame-f | 2010-01-18 05:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

059.gif 昨日 春日井の絵布倶楽部・レインボーでした

今年も皆さん 張り切ってみえますよ

今回 パッチワークの鈴木さんも参加されました016.gif

c0152507_525451.jpg

松原さん〈左)、田中さん

c0152507_543735.jpg

c0152507_552533.jpg

岸さん(両面)

061.gif来週月曜日は 昨年までカッセッタに参加してみえた方々の初の春日井での教室です

松原さん宅は ますます賑やかになりましたね037.gif
[PR]
by madame-f | 2010-01-17 05:11 | 絵布倶楽部 | Trackback | Comments(0)

すずめのお正月


060.gif「すずめの森」の滝村さんの2010年 新作の紹介037.gif

 正月

c0152507_5305528.jpg
雀たちの正月

 表情がとても楽しい016.gif

 子供のころを思い出してしまいますね~060.gif

 次は どんな作品が登場するか お楽しみですね029.gif
[PR]
by madame-f | 2010-01-09 05:34 | すずめの森 | Trackback | Comments(0)

東山公園の近くにある、プチマルシェさんからお知らせです 060.gif

2010.1.6wed-21thu 新年BROCANTE
c0152507_1735446.jpg


c0152507_23505810.jpg

一年に一度の在庫一掃ブロカントです。

一部商品がお値打ちにお買い求めいただけます。

この機会をお見逃しなく!


プチマルシェ*ジャーナル
〒464-0807 名古屋市千種区東山通り 5-19カメダビル2階A号室
TEL&FAX :052-783-1991
営業時間:12:00-19:00火曜定休(買い付けの為、臨時休業あり)
名古屋駅より地下鉄東山線で15分、 東山公園駅下車。
2番出口より徒歩1分。ビルのスロ-プ上がり2階。
専用駐車場はありません。
恐れ入りますが、有料駐車場を御利用ください。
c0152507_5125879.jpg

[PR]
by madame-f | 2010-01-08 04:02 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

真多夢絵布 最新の作品から


059.gif今日は松原さん宅で 絵布倶楽部 木曜日チームの初教室です

皆さん 張り切っていますので きっと今年も力作が出来ますよ 016.gif
[PR]
by madame-f | 2010-01-07 07:36 | 絵布倶楽部 | Trackback | Comments(0)

c0152507_6451516.jpg

 夫のおじいさんの亡くなった後、娘にあたる夫の母のジョイスがおじいさんの海賊の宝箱のような古いトランクを整理していると、底の方から見覚えのない、作りかけのキルトが何枚も出てきました。ジョイスや兄弟が子どもの頃着ていた服の生地がパッチワークに使われているから、50年から60年以上も前のものです。

 赤毛のアンに出てくるような伝統的なパターンのキルトで、一枚は扇子のパターン、もう一枚はダイヤモンドのパターンでした。両方とも断片的につながっていますが、まだ完成にはほど遠い状態でした。ジョイスの母親は何十年も前に亡くなっていて、誰が作っていたのかはっきりとわかりませんが、使われている布地から、多分ジョイスの母親と姉妹がいっしょに作っていたのだろうということです。こうして何十年もタンスの底に眠っていたキルトが陽の目を見ることになりました。

 ジョイスはもともとお裁縫が得意で、子ども服からお父さんのワイシャツまで仕立てあげる腕前。小学校の教師を定年退職したばかりで、時間はたっぷりあります。この2枚のアンティークキルトを半年がかりで、手縫いで仕上げました。懐かしい家族の着ていた服のつながった、半世紀前にタイムスリップしたような思い出深いキルトです。こうしてジョイスの第二の人生はキルト作りから回転し始めました。

リサイクルから生まれた芸術性
c0152507_6461597.jpg

 ジョイスが仕上げたような古い布をつないで作るキルトは、元祖リサイクル。物があふれる現代とは違って、フロンティア時代は子どもが5人以上の家族がふつうで、経済的なゆとりのない暮らしでした。それで、リサイクルは必然的だったのでしょう。

 キルトは家族の古着などを再利用して、美しいパターンを生み出し、ベットカバーやひざ掛けなどにリサイクルすることから始まりました。実用と芸術性を兼ねたカナダの素敵な伝統です。トラディショナルなキルトのパターンはそれこそ何百とあるそうですが、ほとんどが自然をモチーフにしたものだそうです。花や雪の結晶やログキャビンなどを幾何学的な形にデザインした、素朴な配色のキルトはカナダのB&B(ベッド&ブレックファースト)でもよく見かけます。アットホームで落ち着いた印象、自然豊かなカナダらしいカントリー風のインテリアによくマッチします。

おしゃべりと創作は長生きのカギ?
c0152507_6472991.jpg

 現在のキルト愛好家たちは、趣味でアンティークの布を探す人もいるそうですが、もちろん新しい布地を使っています。中にはキルト専門店に負けないぐらいの、一生かかっても使い切れないほどの布地のコレクションがある人もいるそうです。

 ジョイスの布地のコレクションも年々増えています。近くの町で毎年、キルトの展示会が催されています。天井から吊り下げられた大きなキルトの一枚一枚が個性的で完成までに費やされた時間にため息がでます。もちろんジョイスも常連で毎年出品しています。

 グループの作品もあります。老人ホームを訪問したとき、日当りのいい部屋にキルトの大きなフレームを真ん中に置いて、高齢の女性たちが4,5人周りに座って、おしゃべりしながら針を動かしていました。長年の熟練からおしゃべりしながらでも正確に針を動かしているのに感心しました。おしゃべりと創作が元気に長生きするカギなのでしょうか。私も見習いたいものです。

寒い冬もこっぽり包んで暖か
c0152507_6481074.jpg

 その後、ジョイスは自分のベッドルームのキルトを作り、4人の子供と9人の孫のキルトに取り掛かりました。私たちもベッドルームの色調に合わせたキルトをプいただきました。キルトのベットカバーはインテリアとしての美しさだけでなく、カナダの寒い冬の夜もこっぽりとベットを包んで暖かいです。また綿なので涼しいカナダの夏の夜にも心地よいです。

 ジョイスはトラディショナルなキルトだけには飽き足らず、創作キルトをデザインしています。工房の壁におおきなフェルト地を張って、その上でデザインや布の配置を並べ替えてデザインを決めます。この時間が一番楽しいそうです。

 デザインが決まったら、キルト専用のミシンでつなげるので、それほど時間はかからずに、ぱぱっと仕上がります。私の娘を入れて、女の子の孫が5人いますが、みんなおばあちゃんのキルトの工房に遊びに行くのが楽しみです。遊びに行くたびに、デザインを考えて、おばあちゃんの指導のもと、小さなキルトのクッションやかばんを作っています。

日本でも人気のキルト
c0152507_6485836.jpg

 ジョイスはキルトを始めた当初からブログを書いています。作品の記録になる上、何よりも世界中のキルト愛好家との情報交換や交流が楽しそうです。

   J'S QUILTING BLOG
   http://www.jdebreuilsartandquilts.blogspot.com/

 カナダではキルトは伝統的な趣味で、年配の女性に愛好者が多いようですが、新しい機械を使ったり、インターネットを使って情報交換したりと、古い伝統と新しい技術がうまくミックスされています。また伝統的なパターン、創作キルトなど種類もいろいろあります。カナダのキルトの世界は伝統と創作の両方で受け継がれています。

 日本でも人気のあるキルト、日本人のキルト作家の作品のすばらしさはカナダでも有名です。あなたもひざ掛けぐらいの小さいキルトを作ってみませんか。キルトには外から帰ってきて疲れた身体と心を、くつろいだ気分にさせる不思議な魔法があるように思います。
[PR]
by madame-f | 2010-01-04 06:50 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

昨夜はNHK紅白歌合戦を観ながらゆっくりしていましたが060.gif

016.gif 今年は元旦から初雪が降り、残念ながら初日の出は拝めないみたい

お隣のお庭にもうっすらと雪が積もって まるで雪国のお正月です

c0152507_821199.jpg


昨年暮れも 少し降りましたが お昼からはすっかり溶けていましたが・・・

059.gif 毎年 元旦はお墓参りと義兄宅へ伺う予定でした 

この天気では変更になりそうですね008.gif


皆さん ことしもどうぞよろしくお願いします   真多夢絵布
[PR]
by madame-f | 2010-01-01 08:30 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

スラッシュキルトのバッグ