美濃の 雑貨店 LAZY FLOWさん から「あかりアート展」のお知らせ016.gif

059.gif 日時 10月12日(土)13日(日)
美濃和紙あかりアート展は、1300年の歴史を誇る伝統産業の「美濃和紙」の再生と、後に重要伝統的建造物群保存地区に指定される「うだつの上がる町並み」の活性化・ブランド化を目的とし、平成6(1994)年に美濃市観光協会の美濃市制40周年記念事業として実行委員会を立ち上げ開催。
地域活性化アドバイザー花井孝氏(静岡市)の提案による本事業は、好評により、翌年より継続事業となり、本年(平成25年)で20回目を数える。
美濃和紙を使用したあかりのオブジェを一般・小中学生の両部門で全国公募し「うだつの上がる町並み」に2日間にわたり屋外展示し審査を行います。

c0152507_6532450.jpg


c0152507_6554276.jpg


c0152507_6575139.jpg


公共交通機関をご利用の場合
●名古屋:バスセンターから高速名古屋線(バス)で約1時間半、「うだつの町並み通り」下車徒歩1分
●岐阜:岐阜バスターミナルから岐阜美濃線「うだつの町並み通り」下車徒歩1分
●新宿(夜行)、北陸・高岡から高速バス有
●長良川鉄道「美濃市駅」から徒歩10分

お車をご利用の場合
●東海北陸自動車道 美濃インターから車で5分
[PR]
by madame-f | 2013-09-29 07:03 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

星野監督が、中日 阪神につづき 楽天の初優勝
セ・パ両リーグで胴上げされました016.gif

c0152507_5264043.jpg
胴上げされる楽天・星野監督

 プロ野球パ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスが26日、初優勝を果たした。2004年、近鉄が消滅したプロ野球再編を受けて50年ぶりの新球団として、宮城県を本拠に誕生。9年目のシーズンで初めて頂点に立った。

 優勝へのマジックナンバーを「2」としていた楽天は26日、西武ドーム(埼玉県所沢市)で行われた西武戦に勝ち、2位ロッテが日本ハムに敗れて優勝が決まった。今季の楽天はエースの田中将大が開幕から連勝を22まで伸ばしてプロ野球の1シーズンの連勝記録などを更新。打線も米大リーグ通算434本塁打のアンドリュー・ジョーンズらが機能した。

 楽天は10月17日に本拠地、日本製紙クリネックススタジアム宮城で開幕するクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに進出。シーズン2位と3位のチームが対戦するCSファーストステージ(10月12日開幕)の勝者と日本シリーズ進出をかけて対戦する。
[PR]
by madame-f | 2013-09-26 22:26 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

iPnone5 ブームなの?

c0152507_4302995.jpg


金曜日 iPhone5c に早速 買換えされた方がいます

たまたまアップルストアに寄ったら、「買い換えました~」と055.gifあり

c0152507_4295091.jpg


店内は買われるお客さんや見て検討中のひとで いっぱい005.gif

スマホブームも docomoがiPhoneを取り扱うようになり

062.gifドコモユーザーが機種変更する人が多くなりますかね? 037.gif
[PR]
by madame-f | 2013-09-22 06:36 | なぜ? | Trackback | Comments(0)

今夜は十五夜

今夜はお月見に良さそうな天気のようですね060.gif

c0152507_8424689.jpg

お月見と収穫のお祝いは実は密接なとても関係にあります。

お月様と秋の収穫をお祝いする風習

 9月19日は古くから「名月」のほまれ高い中秋の十五夜です。澄んだ秋の夜空にぽっかりと浮かぶ丸くて大きなお月さまは、人の心をほっこりと、やわらかくさせます。

 世の中がどんなに便利になっても、時代がどんなに進んでも、太古の昔から、夜空に浮かぶ月はいつも変わらず、地球に住むわたしたちを照らしてくれています。この季節は、秋の収穫の時期にあたることもあり、全国でもさまざまな風習やお祭りが伝えられています。

 この時期が里いもの収穫期にあたることから中秋の名月が「いも名月」という別名で呼ばれることはよく知られていますが、この日を、はじめていも堀りをする「いも神さまの祭」と呼ぶ地域もあるそうです。

お供えを狙う「お月見どろぼう」

 かつては、この日に限って、どのいも畑からいもを取っても許されるという不文律が各地に伝わっていました。たとえば、長野県の安曇地方では、「たすきいっぱい」、「すげぼうず」などといって、たすきやすげ(わらの縄)で一束くくれるまでのいもならば、勝手にとっても許されるという風習があったとか。


 ほかにも、東北や関東地方などでは「お月見どろぼう」「名月さらい」などといって、月見のお供えを少しばかり盗む程度は公然と許されていて、むしろ、月見団子は盗まれるほうが縁起が良いという考え方すらあったようです。

 残念ながら、そういった風習は過去のおおらかな時代のものになってしまい、今は公然と行われるようなことはなくなってしまいました。とはいえ、関東地方や中部地方を中心に、中秋の名月の夜に、近所の子どもたちが「お月見どろぼう」として各家庭を訪れ、お菓子やお団子をねだるという風習は、今もわずかながら残っているようです。欧米のハロウィンの風習に似ていますね。


綱引きで豊作を占う風習 

九州・沖縄地方には、名月の夜に「大綱引き」をして、翌年の豊作を占うという風習が各地に残されています。

 中でも有名なのは、鹿児島県薩摩川内市の「川内大綱引き」です。毎年、中秋の名月に近い週末に行われています。秋分の日の前の夜に行われます(今年は9月22日)。

 1600年、関ヶ原の戦いに向けて、時の島津家が兵士の士気を高めるために始めたといわれる伝統的な祭りで、市民1500人の力で半日かけ練られた綱は、重さ7トン、長さ365メートル。「日本一の大綱」と言われています。

 沖縄県でも、那覇市、糸満市や宜野湾市など各地で壮大な大綱引き行事が行われます。綱を引くことで豊年(豊作)を引き寄せると呼ばれ、豊漁豊作はもちろん、厄よけや雨乞いの意味も込められているそうです。


○ 川内大綱引き 9月22日午後7時より
○ 沖縄大綱引き

c0152507_8444092.jpg



全国の神社でお月見祭り

 そのほかにも、全国の神社などでは、名月にまつわる行事が多く行われています。平安時代から、宮中では旧暦8月15日の中秋の名月を眺めながら詩歌や管絃を楽しむ「観月祭」が行われてきました。


c0152507_8462487.jpg

東京・日枝神社の管絃祭、雅楽演奏

 古都、京都では現在も、いくつかの神社などで風流な観月祭が行われています。特に洛北にある上賀茂神社の観月祭は、和歌などにも多く宴の様子がうたわれるほど歴史が古い行事です。美しい名月のもとで、雅楽や舞楽などの奉納行事を堪能することができます。

 ほかに下鴨神社、八坂神社、平野神社など、多くの京都の神社が観月祭を行っています。

 東京では、赤坂の日枝神社の中秋管絃祭がよく知られています。なかなか一般では見ることのかなわない雅楽・舞楽奉納を、月明かりのもとで心ゆくまで楽しむことができます。

 また、墨田区にある向島百花園の「月見の会」もとても風流。萩のトンネルなど、この時期を盛りとする秋の草花を眺めながら、見上げる十五夜の月の横にはスカイツリーも。幻想的な雰囲気が楽しめます。
[PR]
by madame-f | 2013-09-19 08:51 | お薦め | Trackback | Comments(0)

● 『観月会・薪能』 
 安達原(あだちがはら) 観世流 久田勘鷗

 日時: 9月19日(木) 20時開演
 会場: 大日堂ひろば
 鑑賞: 立ち見無料 
     ※椅子席の募集は終了致しました  
     ※雨天の場合は中止となります。 

c0152507_5393367.jpg



 ●【月待ちのおはなし会 ―秋の音に乗せて―】
   時間: 17時〜
   受付: 竹翠亭
  拝観料: 300円(お月見団子付き)
   定員: 50名 ※要予約

  お坊さんと星の先生による月のおはなし
 ●【月の法話/月の観察会】
   時間: 19時〜21時
   会場: 本堂
  参加費: 無料
  

 ◎光明殿1F「いっぷく処」月見特別メニュー/17時〜21時
  ・月見うどん・そば (500円)
  ・祈祷月見団子   (500円 予約販売)

 ◎マルシェ 16時〜21時


c0152507_536293.gif

〒466-0825 名古屋市昭和区八事本町78番地

[交通のご案内]
・地下鉄鶴舞線・名城線「八事駅」下車、1番出口徒歩3分
・国道153号線 八事交差点より川名方面へ300メートル
[PR]
by madame-f | 2013-09-15 05:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

また秋の覚王山祭りのころに行きたいですね060.gif

c0152507_4111063.png

揚輝荘は、大正から昭和初期にかけて松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民によって構築された別荘です。
かつては迎賓館、社交場として華やぎ、国際的なコミュニティを形成した場所でもありました。
その後、世の移ろいを経て、5棟の文化財と庭園が残されています。
名古屋の歴史を伝える貴重な財産を、ぜひ訪れてみてはいかがですか。


◆聴松閣開館のお知らせ
いよいよ南園の聴松閣が8月29日(木)午後1時にオープンいたします。
8月29日(木)から9月1日(日)の4日間は、毎日先着200名様にプレゼントを差し上げます。
皆様のご来館をお待ちしております。

◆イベントのお知らせ    
8/29(木) 聴松閣開館記念イベント "木遣り歌"、"祝い万歳"、"演奏"
8/31(土) 聴松閣開館記念イベント 音楽・歌のコンサート
9/1(日) 聴松閣開館記念イベント クラシックコンサート
9/15(日) 聴松閣定期イベント 音楽コンサート "ソプラノ・日本の歌"
9/29(日) デザインツアー 揚輝荘「聴松閣」でクラシックを楽しむ(要事前申込)


c0152507_4155831.png




地下鉄東山線「覚王山」下車、1番出口から北に徒歩約10分
(※揚輝荘に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。)

■地下鉄
名古屋駅、栄駅からお越しの方地下鉄東山線(藤が丘行き)乗車、「覚王山」駅下車

金山駅からお越しの方地下鉄名城線右回り乗車、「栄」駅で東山線(藤が丘行き)へ乗換え、
「覚王山」駅下車

大曽根駅からお越しの方地下鉄名城線左回り乗車、「栄」駅で東山線(藤が丘行き)へ乗換え、
「覚王山」駅下車
もしくは、
地下鉄名城線右回り乗車、「本山」駅で東山線(高畑行き)へ乗換え、
「覚王山」駅下車


覚王山駅から揚輝荘までのルートはこちら(PDF形式:883KB)
[PR]
by madame-f | 2013-09-01 22:08 | お薦め | Trackback | Comments(0)