人気ブログランキング |

フレンチとラーメンのコラボ 「ふれんちラぁ麺」

c0152507_2564062.jpg


 京都市のガスパールといえば、市内に数店舗を持つフレンチの有名店。その中で烏丸蛸薬師にあった「ガスパール・ド・ラ・ニュイ」が、「ふれんちラぁ麺 ガスパール」として8月にリニューアルオープンした。

 通常のラーメンスープでベースとなるしょうゆ、豚骨、煮干し、昆布を使用せず、フレンチの柱となるソースやフォン、ピューレなどをベースにしたスープが特徴という「ふれんちラぁ麺」。つけ麺タイプの「スープ ド ポワソン らあめん」、「オニオンスープ らあめん」のほか、「ミネストローネ らあめん」「あさりの白ワイン蒸し らあめん」の4種類があり、いずれのスープも100%フレンチスタイルで仕込まれている。「フレンチをもっと気楽に感じてほしいと思い、国民食でもあるラーメンと結びつけました」と話すのは、フレンチ一筋20年だったオーナーシェフの内野英明さん。

 すべてのラーメンには「突き出し」と「締めごはん」がセットされていて、サーブスタイルもフレンチのコースさながら。なかでもライスコロッケ、ハヤシライス、とラーメンごとに内容が違う「締めごはん」は、ラーメンのスープを最後まで味わってほしいからと、いわゆる“ぶっかけ”スタイルでいただくスープ漬けご飯。意外性のある食べ方ながら、その未知の美味しさにはまる人も多いそう。また、この内容で880円というコストパフォーマンスの高さも話題のひとつになっている(ハーフサイズは550円)。

 知る人ぞ知る製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の麺を使用しているなどのこだわりが、開店前からラーメンマニアの間へ口コミで広がり、オープンから客足も順調。地下1階にある店の地上にまで入店待ちの行列が続き、現在も1日平均150人、多い日には180人が来店する。麺が早々に売り切れてしまうため、開店後間もなく営業時間を短縮することになったということからも、その人気ぶりが伺える。客層のメインは20~30代の女性で、ひとりで訪れるケースも多いという。今後は地元野菜を使った季節メニューなども考案中とのことなので、リピーターもますます増えていきそうだ。

ふれんちラぁ麺ガスパール (ふれんちラぁ麺GASPARD)
map は ここ
住所 : 京都府京都市中京区烏丸蛸薬師下る東側 四条烏丸スタービルB1F
交通手段 : 阪急烏丸から徒歩3分 烏丸駅から242m
営業時間 :
月・火・水・金
11:30~16:00(L.O)
17:30~22:00(L.O)
土日
11:30~22:00(L.O)
※16時頃に20分ほど麺のお湯交換の為お待ち頂きます
ランチ営業、日曜営業
トラックバックURL : https://madamef.exblog.jp/tb/16974094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by madame-f | 2011-10-15 06:17 | グルメ | Trackback | Comments(0)

スラッシュキルトのバッグ


by madame-f
プロフィールを見る
更新通知を受け取る